赤ちゃんが38度以上の熱がありお風呂に入れない時の対処法

Sponsored Link

赤ちゃんのうちは、すぐに風邪を引いたり感染症をもらってしまったりと、熱を出す機会が多いですよね。

熱が出たときに、お風呂はどうしようか…下がってから入れようか、迷ってしまうと思います。

今回は、赤ちゃんが38度以上の熱がある時にお風呂はどうしたら良いのか?その時の対象法についてご紹介します。

11903-001

赤ちゃんは熱がある時にお風呂に入れても平気なの?

よく「熱がある時はお風呂に入らない方が良い」と言いますが、実際のところ、赤ちゃんの機嫌がよく、ミルクや離乳食を摂れていれば、さっとお風呂に入れて体を洗う程度なら平気です。

ですが絶対に長湯は避けてください!さっと体を洗う程度です。

反対に、赤ちゃんがぐったりしていたり、ご機嫌が悪かったり、眠そうにしている、食欲がない又は取れていない場合は、お風呂には入れないでください。

短い時間でも赤ちゃんにとってお風呂に入ると体力をたくさん消耗します。

Sponsored Link

発熱をすると、汗かくこともあるので「お風呂に入れて綺麗にしてあげたい!」という気持ちはあると思いますが、赤ちゃんがご機嫌が良くない時は、ぐっとこらえて、翌日以降に入浴させてあげましょう。

39度を超えてしまった時でも、赤ちゃんのご機嫌がよかったら入れても良いか?という場合は、39度に上がったばかりなら元気が良いかもしれません。

しかし、少し時間がたてば熱で体力が失われ、ぐったりとするかもしれません。

解熱剤も38.5度を超えたら使いましょうと、小児科で指示を受けたママは多いと思います。

解熱剤を使う程の温度です。無理は禁物ですよ。

お風呂に入れない時の対処法は?

赤ちゃんが熱が出て、ご機嫌が悪かったりぐったりと元気がないときは、お風呂に入れることができません。

ですが赤ちゃんのお肌はデリケートで、清潔に保たないとかぶれたり、汗疹が出来てしまったりと、
肌トラブルを起こしやすいですよね。

そんな時はホットタオルを作って体を拭いてあげましょう!

shutterstock_182849093-480x319ホットタオルの作り方は簡単です。

  1. お水でタオルまたはガーゼを濡らす。
  2. 軽く絞り、皿にのせる。
  3. そのまま電子レンジに入れ、熱々になるまで温めます。
  4. 取り出したら、ヤケドに注意しながら、人肌程度になるまで冷ましてください。人肌になったら、優しく赤ちゃんの体を拭いてあげましょう。
  5. 優しくが基本です。赤ちゃんの肌はとても薄くデリケートですので、ゴシゴシこすってはいけません。優しくなでる程度でOKです。綺麗になりますよ。(髪の毛も同様に拭いてあげます)

水分を多く含ませておくと地肌まですっきり拭いてあげることができますよ。拭いてあげると、すっきりするので赤ちゃんも元気になるかもしれません。

体を拭くときはお洋服をすべて脱がさなくてもOKです。

まずはベビー服をめくり足や下半身だけ。そのあとは上半身。お洋服をすべて着せてから頭でも良いと思いますよ。

さいごに

いかがでしたか?

筆者には2歳と6歳の男の子がいます。

2人の息子が小さい頃は、風邪を引いただけでもすぐに熱を出し、風邪がなかなかよくならず、大丈夫かな?と心配しました。

2歳の息子が入院した時に、「体を拭いてあげると元気になりますよ」と、温かいタオルを用意してくれ、拭いてあげるととってもすっきりした様子で、ご機嫌が良くなった記憶があります。

汗をかいたり、汚れがついたままだと赤ちゃんも具合が悪いようです。
(息子は赤ちゃんの頃からお風呂が大好きだったということもありますが…)

上の子が発熱したときは、38度を超えてもいつも元気いっぱい。普段と変わらず、食欲もあり、機嫌も良い子だったので、発熱していてもさっとお風呂にいれて乗り越えました。

(上の子はお風呂が嫌いな赤ちゃんだったので、お風呂で喜びはしませんでしたが…)

赤ちゃんによって、タイプは違いますのでお風呂にいれるのは、ママやパパの判断になります。

熱があって、お風呂に入れることで悪化するかもしれない…と不安なママやパパは、体を拭いてあげることで清潔な体を保ってあげましょう。

その後薄着のままだと悪化する恐れがあるので、さっとお洋服を着せてあげてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ