赤ちゃんの汗疹(あせも)予防にベビパウダーは危険!?

Sponsored Link

ママ達が小さい頃、
お風呂上がりやオムツ交換をした後に、
ベビーパウダーって使用しましたよね?

でも…ベビーパウダーって評判はイマイチ。

これからの暑くなる季節に心配な赤ちゃんの汗疹(あせも)予防にベビーパウダーは危険か?をご紹介します。

ベビーパウダーは危険なの?(よくないとの噂もありますが、、、)

babypowder

ベビーパウダーは、ママ達が幼かった頃はよく使用されていましたが、
現在では、ベビーパウダーを使用する人は減っていると思います。

筆者は、2児のママですが、
産院にて、沐浴指導を受けたときには、
「ベビーパウダーは使用しないでくだい」という指導でした。

原因は、ベビーパウダーが汗腺を塞ぐからという理由でした。

 

もちろん、おばあちゃん達に赤ちゃんのお世話をお手伝いしてもらった時も、

「ベビーパウダーは?」と聞かれましたが…現在の育児は少し昔とは変わっているようです。

ベビーパウダーは、肌の上の汗をサラサラにしてくれる効果はあるものの、汗腺から汗をでにくくするわけではないようです

 

あせもの予防なら、
汗腺からの汗を止めてくれるなら効果はあるのですが…
ベビーパウダーでは汗疹(あせも)を予防は出来ないようです。

ではどうやって予防すればいいの?

汗疹(あせも)は…
汗を大量にかいてしまった時に肌の中に汗が溜まって、
それが、汗疹(あせも)となって悪さをします。

赤いぷつぷつであったり、
白いぷつぷつであったり、
どちらにせよ「痒い」ですよね。

赤ちゃん達が、ママの知らぬ間にかいてしまって
伝染性膿痂疹(とびひ)に発展してしまったり、
かきむしってしまって「血」が出ては大変です。

なんとしても予防してあげたいですよね。

汗疹(あせも)の予防法

あせもの予防法ですが…

なるべく汗をかかないように、涼しい場所で過ごすこと。

そして、汗をかいたらすぐ着替え、なるべく涼しい服装でいること。

おすすめは、綿などの良く汗を吸ってくれる素材がよいです。

上記2点を注意しましょう。

Sponsored Link

赤ちゃんのあせもは、
オムツがあたっている部分(腰など)に出やすいです。

汗をかいたら肌着やお洋服を交換するだけではなく、
オムツもマメに忘れずに交換しましょう。

オムツの中はムレムレで暑いんです…。

「紙」オムツとうたっていますが、
汗を吸うわけではありません。

オムツ周りが要注意です。

もし汗疹ができてしまったら、
小児科に受診しましょう。

あせもの度合いにあわせて、
ローションや軟膏を処方してくれます。

可能であれば…
汗をかいたらシャワーを浴びるのが1番良いです。

でも、赤ちゃんを1日何度もシャワーに入れるのは難しいですよね。

ですが必ず1度は沐浴させてあげましょう。

お座りが出来る様になれば、
お座りさせてシャワーが出来るようになりますよ。

ohuro-baby

さいごに

結局あせも予防は、
「汗をかいたら着替えかい!」と言われてしまいそうですが…

赤ちゃん達って「汗かいたから着替えさせて~」とおしゃべりできません。

ぐずぐず、ムズムズするのみ…。

肌着を触ったり、
背中を触ったりして、
汗ばんでいたら室温や湿度の調節を。

汗をかいていたら、
着替えをさせてあげましょう。

筆者は、真夏に新生児のお世話をしましたが、
短肌着+紙おむつのみで日中を。

夜間は、長肌着+紙おむつのみというスタイルで真夏を越しました。

おうちでは、汗をかいたら肌着をかえてあげる。

お出かけの時は、
肌着なしで半袖のロンパースのみ。
という超薄着で過ごしました。

それで、汗疹(あせも)は出来ませんでしたよ。

ママだって暑いでしょ?

赤ちゃんも暑いのです。

 

夏場なのに短肌着+長肌着+半袖ロンパースという厚着の赤ちゃんを見かけましたが…

そりゃ暑いから汗だくで、汗疹(あせも)も出ますよね。

新生児であればあるほど汗腺がまだ開いていない赤ちゃんもいるので、
室温・湿度調節には気遣ってあげてくださいね。

 

ベビーカーや抱っこ紐でのおでかけの時も要注意です。

ベビーカーは背中や頭の後頭部に汗をかきやすく、
抱っこ紐は、お腹まわりに汗をかきやすいです。

注意してみてあげてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ