赤ちゃんの首や顔にできた汗疹(あせも)の治し方!おすすめの市販薬

Sponsored Link

暑い日に、赤ちゃんのお肌に白や赤のぷつぷつとした湿疹。。

なんだか痒そう…。
そう、犯人は「あせも」です。

今回は、赤ちゃんの首や顔にできてしまったあせも(汗疹)の治し方とおすすめ市販薬についてご紹介します。

あせも(汗疹)の予防法を知りたい方は【赤ちゃんの汗疹(あせも)予防にベビパウダーは危険!?】の記事を参考にしてみてくださいね。

baby-asemo002

首や顔にできた汗疹(あせも)の治し方

首や顔にできた汗疹は、
1にも2にも清潔にすることが大切です。

赤ちゃんの首はむちむちとしていてカワイイですが、蒸れてしまいがち。

首とお顔の隙間のくびれに汗疹は出やすいです。

目を離した隙に搔いてしまって、
お顔にも広がっては大変です。

お顔は、おでこやあごに出やすいです。

向き癖のある赤ちゃんは、
ねんねで下向きなる側のこめかみからほほにかけて汗をかいて、
あせもが出てしまう場合も。

お顔は手が届くので、赤ちゃんの薄く鋭い爪で掻きむしってしまわないように注意が必要です。

治し方ですが、
沐浴の時には首とお顔のくびれを念入りにかつ優しく泡で洗ってあげましょう。

泡はしっかりと流して下さいね。

あせもの部分は痒いので、
水分は押さえ拭きで。

水分がそのまま残るのはNGです。

必ず優しく押さえ拭きで水分を拭いてくださいね。

顔の周りはお洋服を着てもみえる部分です。

跡が残っては大変です。

市販薬に頼らず、病院へ受診することをおすすめします。

注意すべきこと

あせもが出来てしまったところを
タオルやガーゼなどで刺激しないように注意しましょう。

大人でも痒い箇所がお洋服と擦れたり、
タオルでこすれば痒さは増しますよね?

赤ちゃんのお肌は大人のお肌よりずっと薄いですので、大人以上に刺激を受けてしまいます。

なるべくあせもの箇所は摩擦をしないように。

赤ちゃん自身が手の届く場所は、
掻きむしってしまうことも。

掻きむしった箇所からばい菌が入ってしまって、
伝染性膿痂疹(とびひ)や化膿し多発性汗腺膿瘍(あせものより)を起こす危険も。

多発性汗腺膿瘍(あせものより)はニキビのように腫れ、熱が出たりリンパ節が腫れる場合もありますから、
掻きむしってしまったら病院を受診して薬を処方してもらいましょう。

Sponsored Link

おすすめの市販薬

赤ちゃんのお肌にはどれがいいのかな?

敏感肌で更にかぶれなどであせもが悪化したどうしよう…
など不安になりますよね。

赤ちゃんにも使える市販薬が発売されています。

あせもができたから何かつけてあげたい!早く良くなって欲しい!と思うのがママですよね。

赤ちゃんに安心のピジョンからも発売されています。

こちらは、新生児でも使えます。


あせもやかぶれに常備していらっしゃる方が多いです。
うすーく伸ばしてお使いくださいね。

1歳の息子がいる我が家ではこちらを愛用しています。
お風呂上がりのローション代わりにもなります。

汗疹(あせも)にはももの葉が効果的!といわれています。

と言っても全ての赤ちゃんに効果的なわけではありませんが…。

赤ちゃんのお肌はとっても敏感、
お肌に合う合わないがありますから、
初めてつかう時は少し塗り薬にかぶれないか確認しましょう。

塗り方は?

baby-kusuri600x400

病院で処方された薬も市販の薬でも、
薬を塗る前にあせもの箇所は清潔にしてから塗りましょう

べたべたにたっぷり塗ってしまうと、不快に感じる場合も。

うすーく塗り伸ばしましょう。

(病院から処方された場合は、指示された塗り方で使いましょう)

軽いあせもはお肌を清潔にし、
なるべく涼しい場所で過ごす。

汗をかいたら、やさしく押さえ拭きしたりシャワーで流す。
そして肌着を着替える。

など、ホームケアで良くなります。

暑いから汗をかくのは仕方ありません。
お顔や首周りは頻繁に汗を拭ってあげてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ