赤ちゃんの背中やお腹にできた汗疹(あせも)の治し方!おすすめの市販薬

Sponsored Link

暑い日が続くと、背中やお腹やにぷつぷつが…。

なんだか痒そう…。

そんな痒そうで辛そうな赤ちゃんの背中やお腹にできたあせもの治し方とおすすめ市販薬をご紹介します。

背中やお腹にできた汗疹(あせも)の治し方

20100724_2797

汗疹(あせも)の治し方は、
汗疹が出来てしまった部分を清潔にすることです。

汗をかいたら肌着をこまめに替えて、
背中やお腹だとオムツの端の部分が接触していませんか?

汗をかいたなと思ったらオムツも替えてあげましょう。

肌着は汗をよく吸う柔らかい素材のものを選らんであげましょう。
(綿100%で、Wガーゼやオーガニックコットンなど)

おうちにいるときは、なるべく薄着で。

真夏の昼間なら、
肌着1枚+オムツだけでも寒くなければ大丈夫です。

汗をかいたら汗を拭き取ります。
(ガーゼなどでやさしく押さえ拭きで)

必ず1日1回は沐浴し、水で汗を流してあげましょう。
(ボディソープはしっかり流してくださいね)

背中やお腹に出来たあせもは、
汗が乾かず汗腺を塞ぐムレが大きな要因に感じます。

仰向けにねんねすれば背中が、
お座りや抱っこだとお腹周りがムレます。

背中にあせもができたなら、
うつぶせで寝かせてあげるなどしてムレを防ぎましょう。

うつぶせにする時は窒息などの事故を防ぐ為に、目を離さないでくださいね

なるべくムレないようにし、汗疹が出来てしまった部分が衣類と擦れないように刺激しないようにすることが大切です。

擦れることによって痒くなりますので…。

Sponsored Link

注意すべきこと

抱きかかえる時にあせもが出来てしまった部分をさけて赤ちゃんを抱きかかえましょう。

ぐっと抱きかかえる時、
いくら丁寧にそーっとしても
汗疹が出来た部分に触れば衣服と擦れてしまいます。

赤ちゃんが自分自身で掻きむしらないように、爪を切っておくのも大切です。

赤ちゃんの爪は薄く尖っているので、
搔いた部分から出血したり、
その部分からばい菌が入ってしまっては大変です。

汗疹に効くおすすめの市販薬

yakuzaisi

背中やお腹にでると小さい範囲ではなく、
広範囲にわたりぷつぷつっと出ていませんか?

汗疹がひどくなれば、
病院から処方される軟膏をつけるのがいいと思うのですが、

市販薬でとなると
ローションを使う方がべたべたせず赤ちゃんも快適に過ごせると思います。


あせもに定評のあるこの桃の葉ローション。

軽度のあせもで、病院へ行くほどのものじゃないかな?
でも何かつけてあげたい!と思うならコレです。


こちらもローションタイプ。桃の葉成分配合です。

どちらのローションも初めて使うときは、
汗疹の出来ていないお肌の上で、
パッチテストしましょう。

いきなり広範囲に使ってしまって、
お肌に合わずにボロボロになった!では、
かえって汗疹を悪化させてしまいます。

汗疹の薬の塗り方

 

沐浴後の体の清潔な時に、
(体が汗をかいていないサラサラなとき)
なるべくあせもを刺激しないように優しく塗ってあげましょう。

ママの手のひらにとり、
ささっと塗ってあげてくださいね。

ママのお顔に塗る化粧水と同じではありません!

くれぐれもコットンにとって
パッティングするのはおやめください。

筆者は2児のママですが、出始めの軽度のあせもの時は、ローションなどやたら塗らずに赤ちゃんのお肌をサラサラに保つことを最優先で考えて欲しいなと思います。

軽度のあせもなら市販薬をつかうより、お肌を清潔に保つことの方が治ることに繋がるからです。

通気のよい服装で、
お肌が常にサラサラだと
赤ちゃんもごきげん良く過ごしてくれますよ。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ