赤ちゃんのインフルエンザ予防接種の必要性や副作用と効果

Sponsored Link

赤ちゃんがもしインフルエンザにかかってしまったら?重症化すると脳炎や脳症を起こす危険性があります。

インフルエンザの予防接種は任意接種で、費用もかかりますが…出来れば接種することをおすすめします。

今回は、赤ちゃんのインフルエンザの予防接種の必要性と副作用の効果についてご紹介させて頂きます。

赤ちゃんインフルエンザ

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種

赤ちゃんはインフルエンザの予防接種は生後6か月から接種することが出来ます。接種は任意接種なので、定期接種ワクチンの接種の予定の他に接種する予定をいれましょう。

インフルエンザの予防接種は不活化のワクチンになります。1週間あければ他のワクチンを接種することができます。

1シーズンの接種回数は2回で1度接種してから2~4週間開けて2回目を接種します。(小児科では1度目の接種から4週あけて2度目の接種を推奨されました。)

インフルエンザの予防接種による副作用は、接種部分に腫れがみられたり、発熱や倦怠感・吐き気などです。卵アレルギーのある赤ちゃんは接種できない可能性もあるので、接種をする際には医師と相談してから接種しましょう。

Sponsored Link

効果はあるの?料金や期間は?

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種への効果ですが、「素晴らしい効果がある」とは推奨できません。

仮に、インフルエンザにもしかかったときに、症状が軽度ですむという意味でのワクチンですのでワクチンをうったからインフルエンザにかからない!というものではありません。

しかし、赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまうと、高熱が続いたり、重症化したりして脳炎や脳症を起こす危険性が高いですので、重症化を防ぐという意味で接種しておくと効果はあると思います。

接種の期間は病院によって異なりますが、秋口から年度明けまでワクチンを取り扱う病院が多いです。また、費用は、病院や自治体により異なり、自治体で予防接種代金の補助がでる自治体もありますので確認してみましょう。費用ですが1回2000~5000円程です。

赤ちゃんの予防接種は必要なの?

インフルエンザは毎年冬場になると流行します。しかし、予防接種を受けたからかからなくなるわけではありませんし、かかったとしても受けたから見て分かる程軽度にすむわけではありません。

(接種しないより、接種した方が症状が軽く済むことは絶対言えることですが…)

また、接種する時期も大切なようで、以前筆者の息子(2歳)が赤ちゃんの時接種を相談した時に小児科の看護師さんから教えてもらったのですが…

「10月に接種したら3月にもしインフルエンザにかかったとしたら、3月には予防接種の効果は薄れているよ。だからといって、今日接種したからといって明日効果を発揮するわけではない」と。

その看護師さんのインフルエンザの予防接種に対する個人的な見解かもしれませんが…。小児科の現場に長く居る看護師さんのようでしたので、経験からのアドバイスかもしれません。

インフルエンザの予防接種の効果は短めのようでが、インフルエンザの予防接種は、筆者個人的には必要だと思います。

インフルエンザになった時の症状がどうか?というより、重症化して脳炎や脳症になるほうが恐いからです。

幸い、筆者自身はインフルエンザには10年間ほどかかっていませんし、5歳と2歳の息子達も1度もなったことがありません。

ママ友の話によると…お正月に家族全員でインフルエンザにかかった(当時、お兄ちゃん4歳・妹1歳)が、予防接種を受けた子供達は1歳の妹は微熱で終わったが、お兄ちゃんは高熱が続いた。1番重症だったのは予防接種を受けなかったお父さんだったとのこと。

同じ予防接種を受けても、症状の出方が違うようです(その時の免疫力によるものかな?と思います)

しかし、予防接種は受けないより受けた方が良さそうです。もしなっても微熱で済む可能性もあるということですから。

筆者宅では、毎年11月末に1回目・12月末に2回目を接種します。なぜこの時期か?というと、筆者の住む地域ではお正月から1月末にかけてインフルエンザが猛威をふるうからです。

ピーク時には、病院にもインフルエンになった人が受診しますので、その時期はなるべく避け、流行の少し前に接種をおすすめします。

※卵アレルギーの赤ちゃんやお子さんは接種できない可能性があります。医師と相談してください。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ