赤ちゃんにウィルス性胃腸炎がうつる一番の原因と感染対策

Sponsored Link

ウィルス性胃腸炎は、ロタウィルス、ノロウィルス、アデノウィルスなどのウィルスが原因で、感染する胃腸炎の総称です。

赤ちゃんから大人まで誰でもかかることがある、ウィルス性胃腸炎。

今回は、ウィルス性胃腸炎が赤ちゃんにかかる原因、感染予防対策などのついてご紹介します。

gastroenteritis

赤ちゃんにウィルス性胃腸炎がうつる一番の原因は?

「赤ちゃんってウィルス性胃腸炎にかかることがあるの?」と思いますが、赤ちゃんでも胃腸炎などウィルス性の病気にかかる可能性は十分にあります。

ウィルス性胃腸炎の代表と言われる、夏に流行るアデノウイルス、秋・春に流行るノロウイルス、冬場に流行るロタウィルスなどは、辛い下痢の症状に襲われるお腹の風邪の代表です。

Sponsored Link

風邪は、生後間もない赤ちゃんでもかかる事例多くありますので、「赤ちゃんだから大丈夫!赤ちゃんだからうつらない!」と楽観視は禁物です。

うつる原因は、ウィルスですので、空気感染・飛沫感染・接触感染といった、風邪を同じ経路でかかります。

保育園などの集団生活に入っている赤ちゃんなら、保育園での流行期に感染することが多く、集団生活に入っていない赤ちゃんでも、流行期に小児科で予防接種にいった時に

  • 感染者との接触により感染した
  • 流行期にショッピングモールや公共交通機関などの人混みでもらってきた
  • ママやパパ、兄姉が感染しそれが赤ちゃんにうつった

などです。

流行期にはママは手洗いうがいをしっかりと、お出かけのときも帰宅時には赤ちゃんの手を拭いてあげるなどの予防をしっかりと行いましょう。

うつらないようにするための感染対策

先生

赤ちゃんってなんでも口に運んで舐め舐めペロペロしますよね?

赤ちゃんのウィルス性胃腸炎の感染は、原因となる菌を、手は握ったものを舐めることで口から入るのが感染源の一番かと思われます。

もちろん感染した人のくしゃみや咳などが原因となる”飛沫感染”十分に考えれれますが、赤ちゃんにマスクをするわけにもいきません。

まずは、感染の原因となる場所に行く場合は短時間で、行った後は、手をキレイに拭いてあげることが大切です。

現在は1歳のお誕生日を迎えるまでは、生のおさかなであるお刺身などは、与えない家庭が増えていますが、家族でノロウィルスやO-157など、生の食品に寄生する菌などが原因となるウィルス性胃腸炎に感染した場合は、赤ちゃんへの二次感染を防ぐため、

感染者の排泄物やおう吐物は処理し、付着した衣類は除菌または捨てましょう

そして、くしゃみなどから感染を防ぐためマスクをする、またはお部屋を分けるなどの工夫も大切です。

絶対に注意してほしいのは“タオルの共用”です。

タオルの共用で感染してしまう人はとても多いと言われていますので、必ず分けて使用しましょうね。

予防注射で事前に予防できるウィルス性胃腸炎も!

予防注射

現在はロタウィルスのみですが、ワクチンを接種し事前に感染を予防することができます。

残念ながらいま現在は、一部自治体を除き自費での任意接種のワクチンですが、生後8か月までの赤ちゃんは摂取することができますので、小児科に相談してみましょう。

月齢を8か月を超えた赤ちゃんは、ワクチンの副反応を起こしやすくなると言われていますので、摂取の際は、副反応と予防どちらを重視するかを検討してから摂取してくださいね。

さいごに

いかがでしたか?

ウィルス性胃腸炎って、実は大人よりも乳児から幼児に多い子供の病気です。

ママやパパが子供だった頃は、「おなかの風邪ですね」と風邪ひとくくりで治療されていた胃腸炎も、現在はどのウィルスが原因かがわかるようになりました。

原因がわかったところで、すべてを予防することはできないのですが、流行の噂を聞いたら、まず、赤ちゃんを含め、ママやパパ家族みんなで、よく食べてよく眠り、免疫力をあげて、ウィルス性胃腸炎を予防しましょう。

筆者宅でも息子が1歳でロタウィルに感染しましたが、「これが風邪か?インフルエンザより重い!」と、とてもつらく大変でした。

息子の後は、パパが二次感染し、息子より症状が長引き辛そうでした。

免疫力をあげる、手洗いうがいを徹底して、感染を予防してくださいね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ