鼻の入り口(付け根)が赤く腫れて痛いのは病気?薬で治るの?

Sponsored Link

「鼻の入り口が赤く腫れてしまった。付け根が腫れて痛む。」これって病気なのでしょうか?心配ですよね。

鼻を何度触ってしまったり、鼻をかみすぎると、かぶれる、炎症を起こすと皆さんは表現されると思います。

今回は、鼻の入り口や付け根が赤く腫れて痛いのは病気なのか?なってしまった時のおすすめ市販薬をご紹介します。

20110405_1849301

鼻の入り口(付け根)が赤く腫れて痛いのは病気?考えられる原因は?

鼻の入り口が赤く腫れて痛くなってしまった!それは“鼻前庭炎”という病気かもしれません。

鼻前庭炎(びぜんていえん)とは、鼻の入り口にある鼻前庭という場所が、鼻を触りすぎでしまったり、ほじってしまった、鼻をかみすぎてしまった、鼻毛を抜いた時などに起きます。

鼻の入り口がこすれたり、ひっかいたりすることで、その部分からばい菌が入ることで細菌感染し、“赤く腫れる”“かぶれる”“ただれる”などの炎症を起こし”痛み”を引き起こします。

炎症の原因となる細菌は“ブドウ球菌”です。

Sponsored Link

悪化すると、そこから出血をともなったり、炎症が広がる場合もありますので、炎症を起こしたらなるべく刺激しないようにようにしましょう。

予防策ですが、鼻を触る癖のある人は、引掻いて傷になるのを防ぐため爪を短く切っておきましょう。(鼻をほじる癖のある人も同様)

鼻をかみ過ぎて起きる場合は、鼻水が出るからですよね?風邪は花粉症などで鼻水が止まらない!という場合は鼻水をかまずにはいられません。

鼻にやさしいティッシュを使う、ごしごしとこするようにふき取らないなど鼻の入り口への刺激をなるべく与えないようにしましょう。


鼻毛を抜いてしまう!という人は、鼻毛のお手入れはカットして整えませんか?抜いたほうが綺麗さっぱり鼻毛は無くなるのですが、抜いた場所から血が出てしまったり、細菌感染の恐れがあるので危険です。

鼻毛カッターや先端が丸まったはさみを使いくれぐれも怪我にはご注意ください。

薬で治るの?

鼻前庭炎を起こしてしまったときに、病院を受診すると、抗生物質の飲み薬塗り薬(軟膏)を処方される場合が多いようです。

何科にかかるかですが、鼻の入り口なので耳鼻咽喉科に、又は鼻の入り口の肌が炎症を起こしているので皮膚科にと考えられます。

どちらに受診でも良いようです。

薬を飲んだり、塗ることによって悪化を防ぎ、回復に向かうので、酷くなる前に病院へ行きましょう。

もし体が弱っていれば、悪化し全身にばい菌がまわり、大変なことになるかもしれません。

「ただの炎症だから大丈夫~」と楽観視は禁物ですよ。

おすすめの市販薬は?

「ベストな対応は、鼻前庭炎かも?」と思った時点で病院へ受診し、抗生物質の飲み薬や塗り薬を処方してもらうことですが、どうしても病院へいけない、市販薬で様子を見るしかないという場合もあると思います。

そんなときのおすすめの市販薬は?

①ベネベートN軟膏

病院へ受診すると、リンデロンVG軟膏というゲンタマイシンという抗生物質が含まれる軟膏が処方されます。

リンデロンVG軟膏は市販されておらず、市販薬で代用できるのが、ベネベートNです。

ゲンタマイシンの殺菌成分と、ステロイドで、鼻前庭炎の症状を軽減できることが期待できるかもしれません。

②フルコートF軟膏

フルコートF軟膏もリンデロンVG軟膏と同じ効果が期待できる軟膏です。
抗生物質とステロイドが配合されています。

どちらの軟膏も、薬剤師が在中するドラッグストアなどで販売されています。

使用が望ましいかどうかは、購入の際はに薬剤師に相談してみましょう。

悪化するようなら、すぐに病院へいきましょう。無理は禁物ですよ。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ