赤ちゃんが鼻水や咳で寝れない時の対処法や寝かせ方

Sponsored Link

赤ちゃんが咳き込んで眠れない。鼻水がひどくて眠れないときの対処法と寝かせ方をご紹介します。

眠れない時は、グズグズ泣いてそしてとても辛そうです。ママやパパも一緒に起きてあやしたり抱っこしたりと寝不足になりがちです。

呼吸器官が未熟で風邪が重症化しやすい赤ちゃん達は風邪でも眠れないほどひどい咳や鼻水を起こすことがあります。

shutterstock_128923511

赤ちゃんが鼻水や咳で寝れない時の対処法

まずは、湿度を60~70%まで上げてあげましょう。加湿器が無い場合は、バスタオルなどを濡らして干します。湿度をあげると、咳が落ち着くだけではなく、乾燥から喉を守ることが出来ます。

可能であれば、母乳やミルク、白湯などの水分を少量飲ませてあげましょう。

鼻水は、吸い込み式の鼻水吸い取り器で鼻詰まりをとってあげてください。

(スポイト式もありますが、吸い込み式に比べると全然吸い込めません。今から購入するなら吸い込み式を)


鼻水吸い取り器が無い場合は、赤ちゃんの鼻水をママの口で直に吸い取るという方法もありますが、赤ちゃんの感染している菌などがママにまでうつる可能性がありますので、どうしてもない!という場合にお試し下さい。

鼻水や咳がどうしても止まらない!」という場合は、胸に塗って鼻通りをよくする薬を使っても良いでしょう。

初めて使う場合は、少量を塗って様子をみる(パッチテスト)を行ってから使ってくださいね。
アレルギーなどがあるお子さんは、主治医に相談してからご使用くださいね。

慢性的に、慢性的に喘息などを起こしているという場合は、おうちに吸入器を用意してもいいと思います。

中に入れる薬は小児科で処方してくれる場合もあります。受診の時に相談してみましょう。(喘息のお子さんのおうちでは常備しているおうちがとても多いです)

Sponsored Link

寝かせ方

130629mio

仰向けより横向きがよいです。気道が圧迫されなくなるので、咳をして嘔吐してしまっても鼻や喉を塞ぐこともありません。

鼻づまりも、仰向けより横向きの方が呼吸が楽そうです。横向きを嫌がるようなら、上半身を高めにして寝かせて上げましょう。大人用の枕の上や、バスタオルを数回折り曲げて背中から頭にかけて入れてあげます。

寝かせると咳き込む!というのは赤ちゃんも大人も同じです。

バウンサーやコンビラックなどでも眠ってくれる!という赤ちゃんなら、上半身が高くなるので使ってみても良いでしょう。どうしても眠れない程咳き込む場合は、縦抱っこして眠りが深くなるまで寝かせてあげるのも1つの方法です。

咳き込んで止まらない!」という場合は、寝かせておかず抱きかかえて、背中をさすったり軽くトントンっとたたいてあげると落ち着きます。寝かせておいたまま咳き込み続けると嘔吐につながります。

さいごに

いかがでしたか?

赤ちゃんが眠れないほど、ひどい咳や鼻水なんて嘘でしょ?と思うかもしれませんが、風邪を引いただけやホコリのヒドイ場所に行っただけでもなる可能性は十分あります。

(筆者も1歳と5歳の息子が、花粉症を起こす度何度もなり、夜な夜な抱っこして落ち着かせています)

夜眠れないほど咳がひどい場合は、翌朝病院へ受診することをお勧めします。眠れないほどひどい咳をしてた場合は、気管支炎などを起こしている可能性があります。

咳き込んで止まらない嘔吐がとまらないという場合は夜間であっても病院へ電話し相談しましょう。

鼻水が眠れないほどひどい場合も翌朝の受診をおすすめします。鼻水がうまくかめない赤ちゃん達は、中耳炎になりやすいのです。小児科又は耳鼻科へ行きましょう。早期に見つければ中耳炎は薬を飲めば良くなります。

少しの咳や鼻水だからと楽観視せずに、昼間のうちに病院にいける時は行っておいた方が良いです。

咳止めや鼻水止めなどを処方してもらえれば、夜眠れない程のひどい症状になる前に症状を抑えてあげることが出来ますよ。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ