冬に赤ちゃんの頭にフケがでる原因と乾燥対策

Sponsored Link

赤ちゃんの頭にフケのような白い物体が付いている…どうしたらいいの?とママは困ってしまいますよね。

赤ちゃんの頭皮のケアについてご紹介します。

冬はママだってお肌が乾燥が乾燥するように赤ちゃんだって乾燥します。しっかりと保湿はしてますか?またはキレイに皮脂汚れを落としていますか?

赤ちゃんの頭

冬に赤ちゃんの頭にフケがでる原因

赤ちゃんのフケは、月齢によって原因は異なります。

赤ちゃんが産まれたばかりの新生児の場合は「乳児湿疹」(乳児脂漏性湿疹)が頭に出ることにより、フケのように見える場合があります。

いつまで乳児湿疹になりやすい時期か?というと、生後すぐ~生後3か月くらいまでの赤ちゃんにみられます。原因は、産まれてすぐの赤ちゃん達は新陳代謝が活発でとっても皮脂が出やすく分泌量も多いです。(子供の5倍!ともいわれています

皮脂が過剰に出過ぎると毛穴を塞ぎ、「ガベガベ」「ボロボロ」と皮膚がなってしまい、それが剥がれ落けフケのようになることがあります。

生後4か月以上で1歳未満の赤ちゃん達に多いのが、生後すぐとは逆の乳児乾性湿疹で、皮脂がの分泌量が下がり(大人の1/3程度ともいわれています)皮膚が乾燥し、フケがでやすい状態になります。

赤ちゃんの皮膚はとても薄くデリケートです。大人に比べると傷つきやすくそして乾燥もしやすいです。乾燥してフケになる前に、ケアが必要です。

生後まもなくでも、その後しばらく成長してからでも乳児湿疹(乳児乾性湿疹も含む乳児特有の湿疹の総称)は日常のケアが欠かせません。対処法と予防法もご紹介します。

Sponsored Link

対処法

産まれてすぐから生後1か月までは、ベビーバスを使った沐浴をしますよね。沐浴剤やベビーソープをつかって沐浴をしているかと思いますが、泡状のベビーソープや水に溶かす沐浴剤を使用していませんか?

乳児湿疹には固形のベビーソープがおすすめです。固形の石鹸って大人が洗顔などに使っても洗浄力が高くそしてお肌に優しいですよね。生後3か月くらいまでは、固形ベビーソープをおすすめします。(筆者の次男が頭皮の乳児湿疹がひどかった時に液体ベビーソープから固形ベビーソープに変えた所抜群の効果でした)

効果的な沐浴の仕方

まず、頭皮のフケのように湿疹が出ている場所にベビーオイルもしくはワセリンをなじませます。沐浴の時は、固形ベビーソープをママの手で泡立てて頭皮を指の腹で優しく丁寧に洗います。そしてガーゼを使いベビーソープをしっかり流せばOKです。

(固形石鹸を泡立てるときは、沐浴は片手は赤ちゃんを抱っこしていて片手しか空かないので…石鹸置きに石鹸置いて濡らした手を石鹸にすりつけるようにくるくるとすると泡立ちます)

沐浴が済んだら必ずタオルでポンポンっと押さえ拭きします。ゴシゴシすると湿疹が傷つき悪化するので注意!

4か月からの赤ちゃんは、保湿をしてください!

乾燥しやすい赤ちゃんの敏感肌は潤いが必要です。沐浴をした後に保湿することを習慣にしましょう。

効果的な保湿ですが、入浴後の体の清潔な時にたっぷりとママの手にとったローションを押さえるように赤ちゃんの体に優しくつけてあげましょう。

頭皮からフケが出るほど乾燥している場合はほっぺは粉を吹くほど乾燥していませんか?ほっぺなどお肌がでている場所にはワセリンを薄く塗ることをおすすめします。

予防法

予防ですが、生後すぐからは皮脂を毛穴が詰まるまで放っておかないでください。沐浴の時は、頭皮に限らず優しく泡をつけ洗ったらしっかり泡を流すことが大切です。

シャンプーを流す

それと、母乳育児をしているママは脂っこい食生活を送って居ませんか?

筆者が次男を産んだばかりの頃、長男は夏産まれにもかかわらず乳児湿疹は余り出ませんでしたが、次男は頭皮がガビガビに堅くなるほど乳児湿疹がでました。

次男を産んだのは秋。里帰りした実家では美味しいカボチャを長男が大好きなかぼちゃの天ぷらにして毎日のように食べて居ました…。母乳に脂質も糖分も出ますので、湿疹が落ち着くまで控え目にしましょう。

乾燥による頭皮のフケですが、保湿することが大切です。

キレイに頭皮を洗ったら、フケが出る前にカサカサした部分は保湿しましょう。フケが出るほどまでだと赤ちゃんも痒いので掻きむしってしまいます。爪をきっておくのも忘れずに!

デリケートな赤ちゃんの頭皮を守るためにも日々のケアを日課にしましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ