熱が出ないのはB型インフルエンザ?主な症状と見分け方

Sponsored Link

寒くなってくると毎年恒例のインフルエンザが流行します。

最近では、流行する前にワクチンを打っておく人も多いですよね。

インフルエンザって、高熱が出て喉も痛くて、頭痛もして本当につらいんですよね。

ところでインフルエンザにはA型、B型、C型があるというのは知っていますか。

A型はいわゆる毎年流行するもので高熱が出るんですが、B型インフルエンザは実は高熱が出ないこともあるのでやっかいなんです。

なぜなら気付かないで、周りにどんどん感染を広げてしまう可能性があるからなんです!

今回はそんなやっかいなB型インフルエンザについてまとめてみたいと思います。

だるい

B型インフルエンザとは

インフルエンザには実はA型、B型、C型があるんです。

C型は風邪のようなもので一度かかると体の中に抗体ができやすいと言われているので、特に問題にならないんです。

というわけで、今回はA型インフルエンザよりも少し知名度が落ちる(でも大事だから知っておいてほしい!)B型インフルエンザについて説明していきますね。

B型インフルエンザの症状は、A型インフルエンザと似たようなものも多いんです。

鼻水、咳、くしゃみ、頭痛、関節痛、倦怠感など風邪やインフルエンザA型の時に見られるような症状は大体起こる可能性があります。

中には吐き気がしたり、下痢をする人もいるみたいです。

高熱に関してですが、B型インフルエンザでは出ないこともあるんです。

A型はワクチンを接種していない場合は高熱が出て、39-40度以上で苦しむことが多いんです。

インフルエンザに高熱のイメージがあるとB型インフルエンザは微熱だったり、怠さだけで平熱の時もあるのでにわかに信じられないんですよね。

B型インフルエンザでももちろん高熱が出る人もいます。ただその割合がA型より少ないんです。

発熱しないことがあるのはわかりましたが、それ以外にA型と見分ける方法はないんでしょうか。

Sponsored Link

ほかのインフルエンザとの違い見分け方

決定的な違いは流行時期なんです。

A型は早いと11月くらいから流行して、12-1月をピークに2月くらいには収束していきますよね。

B型はその後の2-3月に流行すると言われているんです。実は5月くらいまで感染の可能性があるんです。

でも病院に行っても、そこまで高熱ではないし季節的にももうインフルエンザはないと判断されてインフルエンザの迅速検査をされないことも多いので知らない間にかかって治っているということもあるんです。

それからA型インフルエンザと違う他の点は、人から人にしかうつらない、ウィルス抗原の変化する速度がゆっくり、体の中にB型インフルエンザウィルスに対する抗体ができるとしばらく持続する可能性があるということがあるみたいです。

ウィルス抗原が変化する速度がゆっくりだと体が対応できるので、毎年毎年形を変えてしまう可能性が高いA型インフルエンザに比べて症状が風邪に似てしまうのは納得できますよね。

それからウィルスに対する抗体がしばらく体の中にあれば、B型インフルエンザに感染しても熱も出ずに風邪だと思っているうちに改善してしまうこともありそうですよね。

だからと言って油断してはいけなくて、小さい子供や高齢の方、心臓や腎臓、血液などの持病を持っている人にうつしてしまうと重症化する可能性があるので注意が必要なんです。

インフルエンザA型の流行が一段落した後に、何となく調子が悪い時はお医者さんで調べてもらってもいいかもしれませんね。

治療法

治療法はインフルエンザのA型でも、B型でも同じなんです。

治療薬には、飲み薬のタミフル、吸入薬のリレンザ、1日だけ吸入すればいいイナビルなどがあります。

タミフルとリレンザは5日間です。最近は、1回だけ吸入すればいい楽なイナビルの人気が上昇しているようですよ。

効果はほぼ同じと言われているので、お医者さんと相談して自分に合いそうなものを選んでくださいね。

これらの治療薬を、インフルエンザを発症してから48時間以内に服用すればインフルエンザウィルスの増殖を抑制できるんです。

B型インフルエンザもA型インフルエンザと同じように病院で鼻の奥に細長い綿棒を入れられて鼻水(正確には、咽頭ぬぐい液)を取られれば調べられるんです。

大体15-20分すれば結果が出るので、熱が出ていなくてもあやしいなと思ったら調べてもらいましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

B型インフルエンザは熱が出ないこともあるので気付かれにくいんですね。

風邪だと思って学校や会社、お家で過ごしていたら周りにどんどんうつしてしまう可能性があるので要注意ですね!

今回のまとめを読んで思い当たることがあれば、早めにお医者さんに行って診断してもらうようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ