花粉で止まらないくしゃみを簡単に止める方法と3つの対策

Sponsored Link

花粉の時期になると、毎日毎日くしゃみと戦っているんです!という人は多いですよね。

くしゃみや鼻水などの花粉症の症状には、事前の対策が大切ですが、ここの場面ではくしゃみを止めたい!というときもありますよね。

今回は、くしゃみを簡単に止める方法と、事前の対策をご紹介します。

花粉でくしゃみ

花粉で止まらないくしゃみを簡単に止める方法

くしゃみは基本的には突拍子無くでるもので、止めるのは難しいです。
しかし、どうしてもこの場面でくしゃみは無理っ!というときに役立つかもしれない豆知識です。
事前にくしゃみが出そうになったときにどの程度の効果があるかはお試しくださいね。

Sponsored Link

1.息を吐く

息をゆっくり吐く

くしゃみは息を吸ってからくしゅんっ!!と出ますよね。____なら、息を吐き出せばよいのです。

出そうになったら息を鼻から吸い込むという方法もありますが、

タイミングが難しく成功率が低いのです。出そうになったら、息を止めずに息を吐き出す。

大きなくしゃみなら小さいくしゃみになりますし、小さいくしゃみなら止まる確立が上がります。

2.ツボを押す

迎香/ツボ

くしゃみや鼻水が出るときは、ツボを押すのが効果的を言われています。

小鼻の両側にある「迎香」は鼻のお悩みの全般に効果ありといわれています。

また、くしゃみには、「天突」という鎖骨と鎖骨の間のツボを押すと止めることが出来るかもしれません。

3.カトチャンペ

鼻の下を押す

カトチャンペのポーズの鼻の下をぐーっと押すとくしゃみが止まるかもしれません。

※ふざけているわけではありません。。。

しかし、失敗したときは、恥ずかしいポーズをしてからのくしゃみなので自己責任でお願いします。

3つの対策

事前に、くしゃみが出ないように対策しておくのが一番の対策ですよ。
花粉症の時期はくしゃみ・鼻水がとまらないんです~!!という人は出る前の事前の対策が、「はーっくしょんっ!」から逃れる一番の方法です。

1.薬を飲む

飲み薬

風邪なのかアレルギーなのかによって異なりますが、事前にくしゃみを予防するためにも、原因にあった薬を医師に相談して処方してもらいましょう。

市販薬もありますので、自分にあったものを探しておくのも1つの対策です。

飲み薬以外にも、点鼻薬や鼻のど飴も有効な場合ありますよ。
原因が風邪なら、トローチなどもいいかもしれませんよ。

2.マスクをする

マスク花粉

原因がなんであっても、くしゃみがもし出てしまっては、周りに飛沫するので不快な気分を与えますよね。

マスクをすると、花粉症の場合なら花粉が入りづらくなりますし、本人にとっても、周りにとってもいいこと尽くめです。

色々なサイズや色や形が出ているので、お好みのものを鞄に忍ばせておくと良いですよ。

3.くしゃみが出そうな場面に遭遇しないようにする

くしゃみ

人によって、くしゃみが出やすい場面って違いますよね。

暗い場所から急に明るい場所に行くと出やすい人は直視しないやサングラスなどを活用。

外に出たときに冷気を吸い込んだときに出やすい人は、マスクやストールなで冷気をブロック。

ミントガムを噛んだら出る人は、ガムは甘いものをチョイスするなど対策をすることが大切です。

さいごに

いかがでしたか?

くしゃみは、体の中に入った異物を排除しようとする自然現象です。

無理に我慢をすれば体にも悪いですので、できれば思い切ってしたほうが良いと思いますが、繰り返し立て続けにくしゃみをした場合は、疲労骨折を起こしてしまったり、体力を消耗するので、事前に薬を飲むなどして対策をしておきましょうね。

筆者も春先と秋口、毎年花粉症に悩まされています。

抗ヒスタミン剤を飲んだり、毎日ヨーグルトを食べたりと花粉症対策をして、症状を緩和しています。

事前に対策をして、辛い花粉によるくしゃみを緩和しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ