子供が高熱で元気だとしてもインフルエンザの可能性あり!

Sponsored Link

「いきなり子供が高熱を出した!でも普段とかわりなく元気いっぱい遊んでいる・・・これって風邪なの?それともインフルエンザなの?」と困ってしまうことはありませんか?

インフルエンザは、元気がぐったりしているかで判断できるものではありません。

発熱が有り、感染の疑いがある場合は、速やかに小児科でインフルエンザの検査を受けましょう。陽性か陰性かが、インフルエンザかどうか?の判断基準になりますよ。

子供ぐったり

子供が高熱で元気な時もインフルエンザの可能性はあるの?

結論からいいますと、元気であろうとインフルエンザの可能性はあります!(予防接種を受けているお子さんの場合は、症状が軽く微熱の場合も)

子どもって、高熱あっても元気な場合も多く、じっとして寝ていられない子も沢山います。「元気だから…」と、インフルエンザかどうかの見極めは出来ないと考えて間違いはなさそうです。

逆に、「ぐったりと元気がなく高熱がある場合がインフルエンザか?」といわれると、それも違います。

風邪だったり、他のウイルスや細菌感染などが原因かもしれません。インフルエンザは38度以上の高熱が一つの目安です。高熱で元気だからインフルエンザではない!と決めつけずに、小児科で検査を受けましょう。

インフルエンザは感染力の高いウイルスです。受診の前に、インフルエンザの症状かもしれない事を電話しましょう。隔離した病室などに案内してくれます。

子供のインフルエンザの見分け方

先生

子供が元気かぐったりしているかは見分ける判断基準にはしないでください。

インフルエンザの特効薬を使う場合は、発症から48時間以内に薬を飲むことが有効と言われています。インフルエンザかも?と思ったらなるべく早く受診し薬をもらうと効果的なようです。

見分け方のポイントは、

  • 急な発熱(38~40℃)
  • 頭痛
  • 悪寒

の3つです。

「風邪などの、くしゃみ・鼻水・咳などの症状が出てから発熱という感じではなく、いきなり発熱した!」「他の症状がないのにいきなり悪寒がし始めぐんぐん熱が上がった!」「強い頭痛と共に発熱した!」などが見分けるポイントです。

大人がなった場合は、強い倦怠感を感じますが、子供だと倦怠感があってもわからない子もいるようです。「発熱時にぐったりしている…」「いつになく静かだな…」などが見分け方と考えても良いと思います。

ワクチンを接種しているお子さんは、発熱は微熱程度。という場合も多いようです。家族やお友達など周りでインフルエンザが流行しているか?も一つの判断基準になるかもしれません。

対処法は?

インフルエンザの初期症状の発熱時の悪寒は、子供でもとても辛く感じる場合があります。

「ママ…寒い…。」と元気なく言ってきたら、まず体を温めてあげましょう。上着を着せたり、毛布や布団などを掛けてあげるなどしてあげてくださいね。

お部屋の温度も温かくしてあげてください。体の中から寒気がしているので、涼しい服装や寒い野外などは不向きです。悪寒を増長させます。温かい飲み物や食べ物ですが、もし自分が(ママやパパ)悪寒がしているときに、食欲はありますか?ないですよね?お子さんも同じです。

温かくして、安心出来るようにだっこしてあげたり、そばにいてあげましょう。発熱しきってしまえば、寒気もおさまり、少し元気になる場合もあります。そして、落ち着いたら、病院へいき検査を受け、薬をもらいましょう。

「病院へどうしてもいけない!でもインフルエンザのようだ!」という場合は、ぐったりとしていたら解熱剤を使用することができます。(お子さんの場合は、座薬のアンヒバ、玉薬や粉薬のカロナールなど)目安は38.5℃以上の発熱です。

薬によって使える月齢、量、1回使うと何時間あけるのか、1日に何回まで使用できるのか?が決まっています。用法・用量を正しく守りましょう。使い方を間違えると、脳炎などを招きます。できれば、小児科で投薬されたものを指示通りに使うのが望ましいです。

さいごに

いかがでしたか?

インフルエンザでぴんぴん元気な子がいるなんて信じられない!と思ったママもいるのではないでしょうか?でも、これは実際の話です。

筆者のママ友のお子さんで、昨年予防接種を受けていて、インフルエンザにかかった。予防接種を受けていない親御さんは39℃を超える発熱でダウンしたが、検査で陽性がでたお子さん2人(1歳と4歳)は微熱しかなく、いつも通り元気だったそうです。

インフルエンザにかかると、幼稚園や保育園・小学校などの集団の場所は登校・登園禁止です。
ママ友いわく…予防接種を受けると感染しても元気で困る。1週間も休まなくてはいけないのに子供が元気過ぎて暇を持て余したそうです…。ならないに越したことはありませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ