耳の中でドクドクやカサカサ、ゴーやピーなどの音がする原因

Sponsored Link

実際に音がしているわけではないのに、耳の中でドクドク、カサカサ、ゴー、ピー、キーンなどいろいろな音がしたことってありませんか?

そういう体の中で聞こえる音のことを耳鳴りと言うんです。

実は耳鳴りの音によって、考えられる原因が違うし、危険な病気も見分けられることがあるって知っていましたか。

耳鳴りがしたら放っておかないで、原因を考えた方が良さそうです。

今回は、耳の中で変な音がする原因とそれぞれの音の時の特徴についてまとめたいと思います。

 耳鳴り

耳の中で変な音がする原因

耳は、外側から外耳、中耳、内耳となっています。外から聞こえてきた音を外耳、中耳と通ってくる間に増幅させて、内耳に伝えていきます。

内耳には聴神経という神経があって、この神経が私たちの脳へ音を伝えているんです耳の中で変な音がする原因は、この内耳に異常があることが多いみたいなんです。

内耳は、私たちが音を聞くのに大事な器官がや神経があるので、耳鳴りがしている時は難聴になる可能性を知らせる危険なサインかもしれないんです!

耳の中で変な音がすることを耳鳴りと言うんですが、高い音か低い音かで原因がわかることもあるみたいなんです。キーンやピーンなどの高い音がする高音の耳鳴りは、持続性の音で耳を塞ぐと大きく聞こえることが特徴みたいです。

老化によって起こる老人性難聴やライブなどで大きい音を聞いた後になる騒音性難聴の時に、高音の耳鳴りがすることが多いんです。

低音の耳鳴りは、その名の通り低いゴー、ボー、ブーというような音がします。低音の方が、難聴になるような危険が少なくて、ストレスや気圧の変化で起きやすいと言われているんです。

それから、耳鳴りが1つの音か、多くの音が混ざっているかで、難聴の障害の範囲が広いか、複雑な原因が合わさっているのかがわかるんです。

つまり、多くの音が混ざっている耳鳴りには要注意です!

では、実際にそれぞれの耳鳴りの音の原因についてみていきましょう。

Sponsored Link

ドクドク音がする原因と病気

ドクドクと心臓のような音が耳の中で聞こえることがあります。これは、体の中の血流が増えている時に聞こえると言われているんです。

例えば激しい運動をした後や神経が高ぶっている時です。

運動後であれば安静にしていれば戻りますし、緊張であればリラックスするように大きく深呼吸をして休むようにしましょう。

カサカサ何かが動いたような音の原因

カサカサ何かが動いたような音の原因は、耳垢が多いと言われています。

きれいに取っているつもりでも溜まってしまっていたり、奥の方まで耳垢が行ってしまい鼓膜の近くで動くとカサカサという音が聞こえるんです。

時々本当に小さい虫が入ってカサカサという音が聞こえていることもあるので気になる時には耳鼻科に行って耳の中をみてもらってくださいね。

ゴーゴー聞こえるのは原因と病気

イヤホンで大音量の音楽を聞いたり、ライブで大きな音をずっと聞いた後はゴーゴーという耳鳴りがすることがあるんです。

これは騒音性難聴といって、ゴーゴーという耳鳴りだけではなくて、音が聞こえにくくなることもあるので注意が必要なんです。

耳のために、なるべくイヤホンの音量は下げるようにしましょう!

ピーピー耳鳴りがする原因と病気

ピーピーと耳鳴りがする時は、老化による老人性難聴やストレス、過労、不眠が原因のことがあるんです。なるべくゆっくり睡眠を取るようにしてリラックスしてみましょう。

心配なのは、聴神経という音を聞く神経腫瘍がある時なんです。

この腫瘍は大概良性なので手術で取ってしまえば問題ないことが多いんですが、どんどん大きくなると取りづらくなることもあるので長く続く時には早めに耳鼻科に診てもらうようにしましょう。

危険な耳鳴り

危険な耳鳴りの音は、キーンジーです。

キーンという音は、脳の中で出血や梗塞(いわゆる脳卒中です!)を起こした時に聞こえることがあると言われているんです。頭痛や吐き気、めまい、歩きづらさを伴うことが多いので、きっと異常に気付くと思います。

それから、ジーという音は、突発性難聴という耳の病気で起きることがあるんです。この病気は命に関わることはないんですが、早くステロイドの治療を開始しないと、聴力が戻らないことがあるんです。つらいですよね。

ストレスや過労、ウィルス感染などでなると言われているんですが、難聴とジーという耳鳴り、めまいを感じたらすぐに耳鼻科に行きましょう!

さいごに

いかがでしたでしょうか。

ひとことで耳鳴りと言っても、いろいろな音の種類があるんですね。

耳鳴りがするのは、耳の中でも内耳という部分に異常がある時が多いみたいです。

どのような種類の耳鳴りでも長く続くときは早めに耳鼻咽喉科(耳鼻科)に行きましょう。

耳鳴りに頭痛や難聴、吐き気を伴う時は、命に関わったり、耳が聞こえなくなる恐れがあるので要注意ですよ!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ