喉の奥に違和感があって息苦しいときの原因と対処法

Sponsored Link

「喉の奥に違和感を感じる」

「なんだか息苦しい気がする」

「喉に何か何か詰まっているような気がする」

これって風邪かなぁ…でも、なんだか違う気がするんだよなあ。

そんなときってありますよね?

今回はそんなの喉の奥に違和感があって息苦しいとき原因と対処法をご紹介します。

息苦しい

喉の奥に違和感があって息苦しいときの原因

喉の奥に違和感がある場合、ただの風邪の引き始めかもしれませんが、息苦しさも加わると、「これは何かの病気では?」と心配になりますよね。

3つの病気をご紹介します。どれも当てはまらないな?という方はこの記事の最後を読んでみてください。

Sponsored Link

咽喉頭異常感症

喉の奥に違和感があって息苦しいときの原因は、自律神経の乱れかもしれません。

ストレスであったり、何か不安なことがある、または疲れが溜まっているときなどに、自律神経が乱れると体のあちこちに異変が起こります。

頭痛・吐き気・めまい・痛みなど体のあらゆるところに不調が出る場合も。

今回の喉の奥に違和感があって息苦しいときは“咽喉頭異常感症”かもしれません。

咽喉頭異常感症は自律神経が乱れたり、更年期障害や鉄欠乏性貧血などが原因となりおこります。

飲食をするときの喉の奥に引っかかっているように感じたり、のどが痛痒く感じる、のどが息苦しいなどの症状を感じる場合があります。

咽喉頭異常感症は検査をしても原因不明の場合が多く、気持ち的なものが原因であるケースが多いようです。

鉄分不足の場合は、鉄分を補給することで症状が和らぐ場合もあります。

咽喉頭酸逆流症

咽喉頭酸逆流症とは、夜遅く夕食を食べたり、脂っこい食生活を送ることで、夜横になった時などに胃酸が逆流することで、喉に炎症を起こしての喉に違和感や息苦しさなどの症状を感じます。

異物感や咳などの症状を感じる場合もあるようです。

普段の食生活や生活スタイルは大丈夫でしょうか?

咽喉頭酸逆流症は慢性化する咽頭炎の一種です。

心身症

心の不調から、体の至るところに不調を起こします。

喉の奥に違和感を感じたり、ときに息苦しさを感じることもあります。

人によっては、腹痛を起こしたり、頭痛を起こしたりと症状がまったく違います。ストレスや環境の変化、ショッキングな出来事などが原因です。

喉の奥に違和感があって息苦しいときの対処法

睡眠を取る

喉の奥に違和感があって息苦しいときの対処法ですが、まずはゆっくり睡眠をとり体を休めて疲れを取りましょう。

気がかりなこと、心配なことはありませんか?

すぐに解決!というわけにはいかないと思いますが「どうにかなるさ!」と開き直って今夜だけでもゆっくり眠ってみてください。

症状が和らぐかもしれません。

食生活に気をつける

また、夜中に食事を摂ったり、脂っこい食べ物を食べていませんか?

甘いスイーツやお酒なども原因になりますので、胃を休める日も必要です。

夕食を胃に優しいものにして、夜間はお茶を飲むなど胃を労わってみてください。

喉の違和感から痛みになるかもしれません。息苦しさが、動機や吐き気にかわるかもしれません。

変だな?と思ったときの初期の対処が、変だな?で終わるのか、病気になってしまうのかの明暗を分けることになる場合だってありますよ。

一言でいうなら規則正しい生活・胃に優しい食生活を送りましょうということです。

上の3つの病気は、精神的なもの、疲れ、胃に負担をかける食生活が原因です。

早く休んで睡眠をしっかりとるなど当たり前のことが対処法になります。

さいごに

3つの病気を紹介しましたが「どれも当てはまらない!」という方は、急性胃炎逆流性食道炎なども考えられます。

発熱を伴う場合は、急性喉頭炎の可能性も…。

病は気からと言われていますが、ストレスや疲れが原因となって病気を引き起こすことは十分にあります。

対処法を試してもよくならない!という場合は、無理せずに病院へ受診しましょう。

どんどん悪化する、他にも症状が増えているという場合も同様です。

早期発見、早期治療が症状の重症化を防ぐだけではなく、回復を早めてくれます。

喉の違和感があるだけだから、息苦しさを感じるだけだからと楽観視は禁物ですよ。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ