原因は食事や体質?手足にしもやけができる原因を徹底解明!

Sponsored Link

寒くなってくると手足に手足がピリピリして痒くなったり、赤く腫れあがったりして、なんだかイライラしてしまいますよね。

それは”しもやけ”です。

「しもやけって子供の病気でしょ?」などと思わないでください。しもやけは年齢に関係なく冬になりやすい病気です!

冷え性などの体質から起こることもありますが、普段の食生活を気に掛けるだけでも予防することができます。

今回は、手足のしもやけの原因は体質や食生活にあるのか、また子供の方がなりやすいのか?などについてご紹介させていただきます!

simoyake

手足にしもやけができる原因

しもやけは血行不良により起こります。

dorodoro

指先や冷えたり、長時間寒い場所にいた、寒い場所で水仕事をした時などになりやすいといわれています。
また元々冷え性で指や足先の末端は冷え切っているという人も手足が血行不良になりがちでしもやけを起こしやすいです。

Sponsored Link

筆者は雪国で暮らしています。

高確率で、手や足が濡れている状態+冷えでしもやけにかかりやすいです。

最初はかじかむ程度かもしれません。それがビリビリといたくなったり、赤く腫れたりかゆみが出る場合も。

意外かもしれませんが、しもやけは濡れているまたは、蒸れているなどの水分があることで、寒い場所でより手足が冷たくなります。

薄着がいい!というわけではありませんが、汗をかくほどの厚着はしないほうが良いと思います。

また、手足の冷えを防ぐために、手袋や汗をよく吸う素材の靴下などを身につけましょう。

しもやけの原因は食事や体質?

しもやけは「ビタミンEが不足するとなりやすい」といわれています。

ビタミンEが豊富な食べ物は、アーモンドやヘーゼルナッツ。そしてモロヘイヤ・かぼちゃ・鯛(うなぎ)などです。

8e3b8c6d461ad63486c65f0d60ae3f1d

おやつにアーモンドを。そして朝食にモロヘイヤの含まれる青汁などを摂取すると簡単にビタミンEを補給することができますよ。

ビタミンEは、しもやけだけではなく美肌にも効果抜群なので積極的に食生活に取り入れてみましょう。

食べ物で摂取しづらい場合は、このようなサプリメントも効果的です。

でも、どうしてビタミンEがしもやけに有効か?

…というと、ビタミンEには血管を拡張してくれる役割があり、しもやけになりづらくするだけではなく、もしなってしまった時回復を早めてくれます。

しもやけを起こしてしまったら、ビタミンEが成分に配合されているハンドクリームや市販薬を使うと治りを早めてくれますよ。

もちろん悪化するようなら、皮膚科に相談してくださいね。

冬に体を冷やす食べ物が大好き!という人も要注意です。

毎日冷たいジュースやアイス・ビールなどを好んで摂取していますという人は、

量を抑えるまたは、ジュースを温かいお茶に替える、アイスから常温のお菓子に替えるなど対策しましょう。

子供はしもやけになりやすい?

a0001_011705

しもやけは「子供の頃なった以来なっていないな~」という大人の方も多いと思います。

子供は冷え性とは無縁で、手足はいつもぽかぽかと温かいですよね。

しかし…手いつもしっとりしていませんか?足は靴の中で蒸れていませんか?

このしっとりや蒸れが寒い空気で冷えて、“しもやけ”を起こしているかもしれません。

また、汗っかきなお子さんは普段から薄着で、そして外遊びでも寒いまま遊んでいつしか体が冷え切ってしまっていたりするものです。

お子さんは、遊ぶことに夢中になると寒さって感じないようです。

重ね着や手袋・耳あて・防止・防寒ブーツなどで冬は、体が冷え切らない工夫をしてあげましょう。
そして汗をかいてしまったら、着替えるやふき取るなどケアも忘れずに。

そうすることで、しもやけは事前に予防することができますよ。

さいごに

いかがでしたか?

雪国に住む人は、真冬に素手で雪かきをしたり(ほんの少しの時間でも)、手袋をはめずに出かけると手がしもやけになりやすいです。

また、ウィンタースポーツをするときも、防寒対策を怠るとあっという間に大人でもしもやけになります。

もしなってしまったら、掻きむしらずにクリームを塗るなど対処しましょう。

そして、体を温めるや血行が良くなるように幹部を冷たい水と温かいお湯に交互につける、マッサージするなどケアしてくださいね。

治らないな…むしろ悪化してるかも…という場合は、皮膚科に受診しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ