手荒れ、ひび割れの治療には馬油やワセリンは効果あるって本当?

Sponsored Link

乾燥の時期になると手荒れやひび割れ

手荒れやひび割れって、なんとも言えないじわじわした痛みがイライラしますよね…

「手荒れがひどくなってきた…」
「パチンっ!とひび割れてしまった…」

そんな時には「馬油やワセリンが効果あるよ!」って聞いたことありませんか?

今回は、手荒やひび割れの治療に馬油やワセリンが効果はあるのか?をみていきたいと思います!

e8a792e8b3aae5a297e6ae96e59e8b085

手荒れひび割れに馬油は効果あるの?

414yfsvrxel

馬油は手荒れやひび割れに効果的です!

馬油には保湿のほかにも血行促進や消炎作用もあり、加えて殺菌や抗酸化作用もありますので、手荒れやひび割れに馬油が改善の手助けをしてくれるのがわかりますね。

他にもしもやけや、洗剤まけにも効果を発揮してくれます。

手荒れやひび割れを起こしてしまったら、様々な有効成分が入ったハンドクリームも良いと思いますが、天然の馬の油分を蒸留して不純物を取り除いた自然成分の馬油も一度試してみましょう。

薄くさっと塗るだけで手になじみ、なじんだ後はベタベタしにくいのも馬油の良い点です。

▼Amazonで人気の馬油

手荒れひび割れにワセリンは効果的?

ws000000

ワセリンも手荒れやひび割れに効果的です。

ワセリンは石油から生成させてできていて、手荒れやひび割れを直接治すという効果はありません。

ですが、ワセリンは塗ることで肌にバリア効果を与えてくれます。

「え?手荒れを直接治してくれるわけじゃないの?バリアしてどうするの?」と思いますよね。

荒れた肌はバリア機能を失っています。ですので普段より菌に感染しやすかったり、荒れをさらに悪化しないためにもワセリンでバリア機能を与えてあげることが大切なのです。

予防することで悪化を防ぎ、早期治療につながりますので、しっかりガードしてあげましょうね!

またバリアは水分の蒸発を防ぐ効果があります。手荒れの原因は乾燥であることも多いです。

ワセリンを少量手にとり、手にも見込むようにすり合わせて手になじませてくださいね。

石鹸などを使うと簡単に落ちやすいというのも良い点かもしれません。

▼Amazonで人気のワセリン

 

で、結局どっちの方が効果あるの?

手荒れやひび割れに必ずしもこれが1番いい!といいとは限りません。

体質や症状の状態によって異なります。

あまりに手荒れやひび割れがひどい場合は、皮膚科を受診し軟膏などの薬を処方してもらましょう。

馬油やワセリンのほかにもさまざまなクリームがありますよね。

血行促進を促してくれるビタミンEなどを配合したハンドクリームを塗る。

チューブタイプも出ていて携帯もしやすいです。

尿素配合も手荒れには有効とされていますよね。硬くなったり、ゴワゴワになった肌をやわらかくする効果があるようです。

手荒れのほかにもかかとのひび割れにも有効なようです。

乾燥防止といえばグリセリンではないでしょうか?

美容液などにも含まれることが多いグリセリン。

もちろん配合されたハンドクリームがありますよ。

どれが一番効果というのは人それぞれ違います。

筆者も冬場になると、手荒れやひび割れに悩まされます。

昨シーズンと今シーズン愛用しているのが…

尿素やグリセリン・ワセリンなど色々試してみましたが、これが今のところ一番よく効きます。

たっぷり入っているので、水仕事のたびにキッチンに置いてさっと塗っています。

どれを試してもダメだった!という人は…、おばあちゃんの家でみたことあるかも…というアロエクリーム試してみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ