脇腹の左側にズキズキ痛みがある時の原因と考えられる病気

Sponsored Link

「あれっ、左の脇腹が痛い!」って思ったら、不安になりますよね?

原因を考えるときには、まず左の脇腹に何があるか考えることが大切です。

外側から皮膚、神経、筋肉、内臓があります。

原因によって、様子を見てもよさそうなものや早くお医者さんに行った方がよいものがあります。

そこで、左側の脇腹にズキズキ痛みが起こる時の原因をまとめます。

腹痛-左側

脇腹の左側にズキズキ痛みがある時のストレスが原因?

忙しく時間に追われ、学校や職場での人間関係も複雑な現代人にとってストレスは切っても切り離せないですよね。

ストレスは多くの病気の原因と言われていますが、腹痛もストレスで起きることがあります。

人間は自律神経という神経によって、体のいろいろな仕組み、例えば体温を上げたり、胃腸を動かしたり、を調整しています。

ストレスや睡眠不足などで、その神経のバランスが崩れてしまうと胃腸の動きが悪くなりお腹が痛くなります。

便秘や下痢を繰り返したり、食べても吐いてしまったりと腹痛以外の症状を伴うことも多いです。

Sponsored Link

脇腹の左側にズキズキ痛みがある時に他に考えられる原因 

他の原因を考えるときに大切なのは、左脇腹に何があるか考えてみてください。

皮膚、神経、筋肉、内臓があります。

内臓は具体的には、胃、膵臓、脾臓、腎臓、尿管、大腸があります。

これらに何か異常が起これば左脇腹に痛みが出る可能性があります。

 

内臓

(出典:http://health.goo.ne.jp/medical/body/jin002)

 

脇腹の左側にズキズキ痛みがある時の考えられる病気

皮膚・神経・筋肉

まず皮膚、神経、筋肉についてですが、皮膚に赤みやブツブツないでしょうか?

そういえば何日か前にぶつけたり、寝違えたりした記憶はないでしょうか?

帯状疱疹という病気は、神経の中にもともと感染していたウィルスが疲れた時など抵抗力が落ちた時に、再び活性化して皮膚に赤いブツブツや神経のピリピリした痛みを起こします。

この神経の痛みは症状が治まっても、一生痛むこともあるくせものなので、早めにお医者さんに行ってウィルスに効くお薬をもらいましょう。

もしぶつけたり寝違えたり、急に筋肉トレーニングを始めたという記憶があって、他に症状がなければ筋肉痛でも左脇腹は痛みます。

これから挙げる内臓の病気では、左脇腹の痛みだけでなく他の症状も一緒に起こることが多いので、ある程度は区別できるかもしれません。

 

胃・大腸

食べ物を食べると痛みが出る、昨日お酒を飲みすぎたり、食べ過ぎたりしてからお腹が痛くて夜中に起きた、などという症状の時には胃潰瘍や胃炎が疑われます。

ただ左脇腹にも痛みは出るのですが、比較的みぞおちの痛みを訴える人が多いようです。

下痢やおならが出る前や便秘をしている時にお腹が痛くなったことのある人は多いはずです。

腸炎などで腸の中の細菌のバランスが崩れて下痢になったり異常なガス(おなら)が出たり、腸の中を硬い便が動いたりすると、その通り道である大腸は痛みを感じます。

腸炎の時には吐き気やおう吐、発熱を伴うことがあります。

他にも虚血性腸炎“、”憩室炎“、”潰瘍性大腸炎“などの大腸の病気で左脇腹が痛くなることがあります。

虚血とは、その名の通り動脈硬化や高血圧などで腸に血が行きづらくなり、腸の動きが悪くなることを示します。

ひどい時には腸が壊死してしまうこともある怖い病気です。

血の混じった便が出ることがあるので、異常を感じたら早めに病院に行きましょう。

憩室炎“は便秘などを繰り返しているうちに、腸の壁に圧力がかかってしまい部屋(憩室)ができてしまう病気です。

本来、腸は綺麗な管のはずなのに、途中に部屋がたくさんできてしまうとそこに便が溜まってしまい、炎症を起こすことがあります。

炎症なので発熱を起こすことが多いです。

この余計な部屋から出血することもあり、その時は憩室出血と言い、血便が出ます。

普段から便秘にはならないようにしたいですね。

“潰瘍性大腸炎”や”クローン病”という病気は大腸が攻撃される免疫の病気ですが、左脇腹だけではなく全体的にお腹が痛かったり、発熱や倦怠感など他の症状を伴うことが多いです。

 

脾臓・膵臓

脾臓は普通に生活していれば特に痛むことはないと思いますが、急に何かが詰まって血が行かなくなったり、思い切りお腹をぶつけた後に破裂して痛むことがあります。

殴り合いの喧嘩をした後に左脇腹が痛くなったら要注意です。」って、そんなことあんまりないでしょうが・・・。

膵臓に炎症が起こると左脇腹からみぞおち、
背中も痛むことがあります。

膵炎という病気ですが、原因はアルコールの飲みすぎ、
脂肪の摂りすぎ、結石、免疫の異常などが言われています。

膵炎は重症になって命を落とす危険な病気なので、自分で防げるアルコールの飲み過ぎには注意したいですね。

腎臓・尿管

左の腎臓に行く血管に急に何かが詰まって血が行きづらくなった時や炎症が起きた時には、左脇腹が痛むことがありますが、必ずと言っていいほど左の背中も痛くなります。

女性に多い病気で膀胱炎がありますが、膀胱炎のばい菌が上に上がってしまい、腎臓に到達すると腎盂腎炎という病気になります。

左の腎臓の腎盂腎炎は発熱と左脇腹と背中の痛みが起こりますが、お医者さんに行くと診察で背中をぽんっと叩かれます。

飛び上がるくらい痛いという人もいます。

尿管結石は比較的なじみのある病気かもしれませんが、腎臓からおしっこができて、それを膀胱まで運ぶ管である尿管はとても細く5㎜しかないんです。

そこを石が通ろうとすると痛くて痛くて救急車で運ばれる人もいます。

痛みが石の動きと一緒にだんだん下に降りていきます。

 

さいごに

左脇腹が痛い時の原因となる病気についてまとめました。

痛みが数日で治らなかったり、他にも症状があるようでしたら、早めにお医者さんに診てもらって検査してもらいましょう。

Sponsored Link

One Response to “脇腹の左側にズキズキ痛みがある時の原因と考えられる病気”

  1. KAZU より:

    昨日まで謎の左わき腹痛に苦しんでいました。てっきり『肋間神経痛』だと思い込んでおり、椅子を変えたり、姿勢を正したりして改善を試みていました。いろいろ情報検索している中で、当記事の『帯状疱疹』という言葉が目に入り、さっそく調べたところ自分の症状にそっくりでした。病院に行くと「帯状疱疹で間違いない」と診断結果が・・・。この記事を見ていなかったら、そのまま『肋間神経痛対策』を続け処置が遅れるところでした。ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ